メディカルハーブのWEBサイト

メディカルハーブのWEBサイト

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

メディカルハーブの記事011

メディカルハーブ

ハーブを日常生活に生かして楽しむ
ハーブは人の生活に役立ち日々の生活をうるおす植物です。「薬草」「香草」と邦訳されています。日々のいろいろな分野(食後にお茶をのむ:化粧水として自分用を作る:もちろん料理やお菓子作りには欠かせません)でなにげなく使い活用しています。身近なハーブはごく自然に存在しています。その中でハーブに含まれている成分を人々の健康を保つために使おうとする分野がメディカルハーブです。薬用植物(メディカルハーブ)と人類のかかわりは祖先たちから、食べると元気がでる、塗ると痛みが薄れるなど経験の伝達があったはずです。ハーブティーをのむ、入浴にハーブを使うなど心身のケアにハーブの有効成分が役たちます。一種類のハーブが多方向に作用し相乗効果を発揮しやさしく「調子を整えます」このバランスが健康に過ごせる基本となります。
メディカルハーブってなんでしょう?
近代医学以外のほかの伝統的な療法を代替療法と言います。健康管理や病気の予防、治療を行う時に、人の体にもともと備わっている自然治癒力があります。
これを自然療法(ナチュロパシー)といいます。メディカルハーブもその一分野です。植物と人のかかわりは古代人の時代から治療に用いられてきた、最も歴史ある自然療法と言ってもいいでしょう。
これが自然治癒力による自然療法なのです。たとえば風邪などで高熱が出た時、近代医学では、抗生剤や解熱剤を使いますが、自然療法では体を温めウイルスと闘う発熱を助け汗をかかせます。
メディカルハーブには数えきれないほど多くの成分が含まれています。これは全身に穏やかに作用することにつながります。
メディカルハーブの歴史を見る
古代エジプト時代の紀元前1700年パピルスの文書には、アロエなど約700種類のハーブが記録され、うがい薬やシップなどに使っていたことが書かれているそうです。インドでも紀元前1000年ころにまとめられた伝統医学アユル・ヴェーダの書物「リグ・ヴェーダ」に約1000種類の薬用植物が記載されているそうです。紀元前400年ごろヒポクラテス(医学の祖)は、400種類にもおよぶハーブの処方をまとめ、芳香浴の効能にも言及しています。古代ギリシャから古代ローマへ、アラビアを経て医学は、中世のヨーロッパへと伝わります。
10世紀のペルシアの医師アビケンナ(イブン・シーナ)は、蒸留方法を確立し植物から精油を蒸留しました。これが今のアロマテラピーの基礎になったのです。
13世紀から続くハーブ薬局
イタリアルネッサンスの都フィレンイツェには、その昔、修道士達がハーブを植え、そのエッセンスを人々に与えていた時代からの由緒あるハーブ薬局があるそうです。植物療法の発展と広がりは、ルネッサンス時代(15世紀から17世紀)印刷技術の発明による広く一般の人々の元にも届くようになり、コロンブスによる新大陸の発見に始まる大航海時代以降、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開発など、ヨーロッパと新大陸、さらには東洋の間を行き来し、多くのスパイスやハーブがヨーロッパへと持ち込まれました。ハーバリストと呼ばれる植物療法の専門家が輩出したのもこのころで、特にイギリスではターナー、カルペッパー、ジェラード、パーキンソンなど高名なハーバリストが活躍しました。
1800年初頭
抗炎症作用や鎮痛作用があるハーブ、西洋ナツユキ草からサリシンという有効成分が分離されました。
薬の世界で大きな変化が始まりコカの葉からコカイン(麻酔薬として)が、サリシンからアスピリンが分離され合成されたそうです。、医学の中心は植物療法から医薬品を使う近代医学になりました。
統合医療への流れがはじまりました
20世紀になって世界の医療の主流になった近代医学は、医薬品や手術に頼る医療が必ずしも万能ではないという意識が人々の間にでてきました。その大きな原因には、薬害や副作用といった医薬品自体の問題。工場排水などによる環境汚染が問題になり、科学だけでいいのだろうか?という疑問が出始めました。また、病気そのものの性質が変化しました。伝染病や感染病が少なくなり(近代医学が伝染病を駆逐したので)、代わって生活習慣病や心身症といった疲れやストレスに悩む人が増えてきました。治療より予防、部分より全体の調和という、植物療法をはじめとする代替療法が見直され始めているのです。
このような流れを受けて、近代医学と代替療法の良いところを活かそうとする統合医療が始まりつつあります。
メディカルハーブがその一端を担うであろうと考えられます。

メディカルハーブといえば・・・。

メディカルハーブといえばメディカルハーブといえば、なんだか香りを楽しむ系の、ヨーロッパ産のハーブを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
メディカルハーブは確かに効果効能がある程度証明されているものもあるようで、さらに、「癒し」の効果があるものも多いようです。
しかし、このサイトで主に取り上げているのは、ヨーロッパ系のメディカルハーブではなく、タイを中心とした、東南アジア由来のメディカルハーブ、つまり、薬草です。
最近では、「ウコン」があまりにも有名で、メディカルハーブ+アジア=ウコンみたいなのがありますが、実は、実は、こういったメディカルハーブはかなり古くから日本に入ってきています。

中国経由で入ってきたメディカルハーブ、沖縄や屋久島などを経由して入ってきたメディカルハーブ等様々で、まぁ、大体が大陸経由のメディカルハーブは「薬草」と言われることが多いですよね。朝鮮人参なんかは良い例です。

実はそれらのメディカルハーブですが、おおよそ、暑い国の方がどうやら薬効成分が多いようであります。

一般的なお話ですが、メディカルハーブが極めて過酷な気象条件下で、自分自身を守るためにいわゆる「抗酸化物質」を生産して、蓄えているというわけです。
特に、タイの高地では、日中は30度以上で夜になると急激に温度が下がるという非常に過酷な気象条件です。ですので、やはり、非常に品質の良いメディカルハーブが育つと言われています。

これらのメディカルハーブを中心にラインアップされているのが、ここで御紹介しているマイハーブプログラムのメディカルハーブなのです。

特におすすめしたいメディカルハーブ

日本で詳細されていないメディカルハーブを含めて、特におすすめしたいメディカルハーブサプリメントをご紹介します。

ワーンチャックモッルーク

ワーンチャックモッルークは、日本では薬ウコンと呼ばれることもありますが、それらの原種となるメディカルハーブです。タイ語で、「子宮を引き締める球根」という意味のとおり、タイ王国の女性の90%以上が知っているという超有名、メディカルハーブです。というのも、化粧品等にも含まれており、また、10代から女性のためのメディカルハーブとして一般的に食されています。タイの女性のキレイになるための必需品といったところでしょうか!

プエラリア(白ガウクルア)

あまりにも女性にとって有名すぎて、勝手に効能がひとり歩きしているメディカルハーブです。プエラリアにフィトエストロゲンという女性ホルモンに類似する成分が含まれていることがその発端ですが、日本だけでなく、世界中で非常に粗悪なプエラリアが出回ってしまっています。マイハーブプログラムのプエラリアはタイ王国から栽培、所持、研究、販売など全ての許可を得ている「正規プエラリア」ですので、安心して食べていただけます。

キーレック

タイ王国では料理にも出てくるポピュラーな植物(木)です。とても苦く、食べるためには3回煮汁を入れ替えなければ食べられません。しかしながら、メディカルハーブとしては非常に強力で特徴的な効能が期待できます。いわゆる「安定剤」のような、高ぶった神経を落ち着かせる働きがあります。当然、夜などに食すと睡眠導入剤の代役としても考えることができます。

ファータライチョン

ファータライジョンとも表記されていることがありますが、とても多目的なメディカルハーブです。解熱作用。抗菌作用。肝臓の強化(菌などに対して抵抗力を強化する)。などの働きがあります。近年、新型インフルエンザの対抗薬としての注目度が非常に高くなっています。また、お酒のお供にも絶大な効果があります。

アンチャン

アントシアニンが非常に豊富なハーブです。このハーブは花びらを用いますので、非常に貴重なメディカルハーブとなります。しかしながらブルーベリーなどのアントシアニンと違い、酸化していない安定したアントシアニンであるため非常に効果が高いと言われています。

ランチュー

ランチューというメディカルハーブは、タイ伝統医学において、強力な解毒剤として用いられてきました。そして、その効果が西洋医学のもと、証明されています。これ以上の強力な解毒メディカルハーブは存在しないと言われています。現代の食生活において蓄積された老廃物を排出するのに非常に適したメディカルハーブと言えるでしょう!

PMS<月経前症候群>におすすめのミラクルホワイト

PMS<月経前症候群>におすすめのミラクルホワイト辛いPMS、月経前症候群への対策にひとつとして、メディカルハーブで解決するという方法があります。
現在、メディカルハーブというとヨーロッパ産の、香り系のメディカルハーブを思い浮かべますが、ここでいうメディカルハーブとは、いわゆる薬草ハーブです。これらのメディカルハーブはタイ王国などの東南アジア原産のハーブとなります。

メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラム

メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムそして、ここで、おすすめしたいのが、メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムというところです。
メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムは、タイ王国の北部の国境付近の広大な敷地内で、ほとんど自然のままの原種メディカルハーブを原料として作られた、メディカルハーブサプリメントのブランドです。
メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムはタイ王国の企業のTOP30社に入る、優良企業(ミラクルハーブスピリッツ社)により開発・製造されており、同社はGMP、GAP、HACCPという、世界基準の工場管理で運営されています。

PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイト

PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトPMSや月経前症候群、そのほか、女性特有の病気や悩み事を解決してくれるメディカルハーブサプリメントのおすすめとして、PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトを挙げたいと思います。このPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトは、タイ王国の女性の中でとても有名で人気のあるメディカルハーブ<ワーンチャックモッルーク>が配合されています。
このワーンチャックモッルークはタイ王国では、あのプエラリアよりも有名で、しかもその愛好者も非常にたくさんいます。殆どのタイの女性はこのワーンチャックモッルークを知っているといっても過言ではありません。
しかしながら、これまで日本で紹介されることはほとんどありませんでした。一部の化粧品の成分として研究されていたに過ぎなかったのです。
さて、このワーンチャックモッルーク、タイ語で「子宮を引き締める球根」という意味です。つまり、名前からして、女性に良い感じがしますよね。
そのワーンチャックモッルークをふんだんに配合した、マイハーブプログラムのPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトは、PMS、月経前症候群をはじめ、産後などにおける膣、子宮の引き締め、美白、そのほか体臭、口臭、おりもの臭の軽減、生理周期の安定などを目的として配合されています。
是非一度、このPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトをお試し下さい!

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)
ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

contents_border_ft.png