メディカルハーブのWEBサイト

メディカルハーブのWEBサイト

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

メディカルハーブの記事009

メディカルハーブ

薬草
 植物は何千年もの間、人間の病気やけがの治療に使用されてきました。現代の医療は大幅な進歩を遂げましたが、今なお世界の約75%の人たちにとっては、伝統医療が唯一の医療形態です。マレーシアでは何世代にもわたり、根、茎、葉、実、樹皮から治療薬が作られてきました。今日では、伝統医療は現代医学を補うものとして利用されています。植物の治療効力は、マレーシア政府、大学、研究保護団体により認められており、この生物資源を保護するための対策が講じられています。

近代史
 マレーシア文化における、薬、魔術、宗教への植物利用は、何世紀も前にさかのぼります。異なる民族間で多くの薬草が共通して用いられています。世界の他の地域と同様、マレーシアの伝統医療は先住民の民間治療師によって行われます。彼らはボモ(bomoh)、パワン(pawang)、ビダン(bidan)など様々に呼ばれており、特別な知識や技術を有し、様々な植物の薬効を理解し、利用しています。

 マレーシアの薬草について現存する文書の多くは、植民地時代にヨーロッパの博物学者や医療従事者によってまとめられたものです。発見された最古の記録は1886年にMunhi Ismailにより翻訳された本の中にあります。この文書は後にJ. D. GimletteとI. H. Burkillが校訂し、1930年に『The Medical Book of Malayan Medicine』として出版されました。
1935年、シンガポール植物園の園長であったBurkillは、マレー半島の有用植物についての事典の作成に取り掛かりました。同じ頃、George Watt卿による『Dictionary of the Economic Products of India』が刊行されており、これに影響を受けたものと思われます。今日でも多くの科学者が、バーキルの不朽の作には薬用植物、有毒植物、および植物の経済的利用法について、膨大な量の情報が集められていると認めています。

 植物の薬効を科学的に証明できないという理由で、伝統医療に関する懐疑論が出たこともありました。信頼できる植物学上の識別がなされていない、植物化学の詳細な知識に基づいていない、科学的根拠に基づいた臨床研究が行われていない、という理由から多くのマレーシア人が、地元で調合された薬草を用いた治療よりも現代医療を選ぶようになりました。

しかし1980年代から、マレーシアの科学者たちが、伝統的な医療の研究に再び関心を寄せるようになりました。例えば、マレーシア森林研究所(FRIM)の科学者と国内の複数の大学が、多種の植物の薬効を研究し記録しました。
アラルンプールの中国医薬研究所では、正規の学術指導と実習の両方が行われています。政府の規制も導入されてきており、保健省の薬物管理課により伝統医療の登録制度が創設されました。

飲み薬、湿布薬、煎じ薬
 マレーシアでは、1,000種以上の植物に薬効があると報告されています。これには、シダ植物、裸子植物、被子植物といった種が含まれます。被子植物の中では、豆(マメ科)、コーヒー(アカネ科)、ゴム(トウダイグサ科)、月桂樹(クスノキ科)の仲間が、薬効を持つものとして最もよく知られています。

 マレーシアの薬草には草本種も多くあります。例えばショウブ(サトイモ科)は、一般にマレー人が腹痛の治療に使用しています。この植物から作った強壮薬には、ひきつけや痙攣を止める効果もあります。センシンレン(キツネノマゴ科)の生の葉や乾燥した葉を煮詰めて作った煎じ薬は、下痢、熱、糖尿病の治療薬として服用されます。

 樹木の樹皮、根、葉なども医薬用として使用されます。例えばミルキーパイン(キョウチクトウ科)は赤痢、寄生虫、その他の腸疾患の伝統的な治療薬です。アルカロイド、テルペノイド、精油などをはじめ多くの化合物が、その樹皮から単離されます。灌木、低木のトンカットアリ(ニガキ科)は、伝統医療では非常に多くの効用があります。葉と根から作られる煎じ薬はマラリア、結核、熱に服用され、また抗ヒスタミン薬として作用します。さらに、サポニンやステリンなどの精油も含まれています。

 つる植物も伝統医療で有用されています。例えば、低木のニガモドキ(ニガキ科)は、下痢、赤痢、痔を治します。4時間ごとに2~3粒の種を経口摂取します。ハネセンナ(マメ科)は、白癬の一般的な家庭薬です。葉を生であるいは粉にして石灰と混ぜ、皮膚の患部に塗布します。
イボツヅラフジ(ツヅラフジ科)は、マラリア、天然痘、梅毒性潰瘍のような細菌性膿瘍など、微生物感染の治療に用いられます。このつる植物のエキスは、黄色ブドウ球菌や腸球菌などの細菌を殺すことが分かっているほか、大腸菌、ネズミチフス菌、真菌カンジダ・アティリス(カンジダ病原因菌)の増殖を抑制することも明らかになっています。

メディカルハーブといえば・・・。

メディカルハーブといえばメディカルハーブといえば、なんだか香りを楽しむ系の、ヨーロッパ産のハーブを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
メディカルハーブは確かに効果効能がある程度証明されているものもあるようで、さらに、「癒し」の効果があるものも多いようです。
しかし、このサイトで主に取り上げているのは、ヨーロッパ系のメディカルハーブではなく、タイを中心とした、東南アジア由来のメディカルハーブ、つまり、薬草です。
最近では、「ウコン」があまりにも有名で、メディカルハーブ+アジア=ウコンみたいなのがありますが、実は、実は、こういったメディカルハーブはかなり古くから日本に入ってきています。

中国経由で入ってきたメディカルハーブ、沖縄や屋久島などを経由して入ってきたメディカルハーブ等様々で、まぁ、大体が大陸経由のメディカルハーブは「薬草」と言われることが多いですよね。朝鮮人参なんかは良い例です。

実はそれらのメディカルハーブですが、おおよそ、暑い国の方がどうやら薬効成分が多いようであります。

一般的なお話ですが、メディカルハーブが極めて過酷な気象条件下で、自分自身を守るためにいわゆる「抗酸化物質」を生産して、蓄えているというわけです。
特に、タイの高地では、日中は30度以上で夜になると急激に温度が下がるという非常に過酷な気象条件です。ですので、やはり、非常に品質の良いメディカルハーブが育つと言われています。

これらのメディカルハーブを中心にラインアップされているのが、ここで御紹介しているマイハーブプログラムのメディカルハーブなのです。

特におすすめしたいメディカルハーブ

日本で詳細されていないメディカルハーブを含めて、特におすすめしたいメディカルハーブサプリメントをご紹介します。

ワーンチャックモッルーク

ワーンチャックモッルークは、日本では薬ウコンと呼ばれることもありますが、それらの原種となるメディカルハーブです。タイ語で、「子宮を引き締める球根」という意味のとおり、タイ王国の女性の90%以上が知っているという超有名、メディカルハーブです。というのも、化粧品等にも含まれており、また、10代から女性のためのメディカルハーブとして一般的に食されています。タイの女性のキレイになるための必需品といったところでしょうか!

プエラリア(白ガウクルア)

あまりにも女性にとって有名すぎて、勝手に効能がひとり歩きしているメディカルハーブです。プエラリアにフィトエストロゲンという女性ホルモンに類似する成分が含まれていることがその発端ですが、日本だけでなく、世界中で非常に粗悪なプエラリアが出回ってしまっています。マイハーブプログラムのプエラリアはタイ王国から栽培、所持、研究、販売など全ての許可を得ている「正規プエラリア」ですので、安心して食べていただけます。

キーレック

タイ王国では料理にも出てくるポピュラーな植物(木)です。とても苦く、食べるためには3回煮汁を入れ替えなければ食べられません。しかしながら、メディカルハーブとしては非常に強力で特徴的な効能が期待できます。いわゆる「安定剤」のような、高ぶった神経を落ち着かせる働きがあります。当然、夜などに食すと睡眠導入剤の代役としても考えることができます。

ファータライチョン

ファータライジョンとも表記されていることがありますが、とても多目的なメディカルハーブです。解熱作用。抗菌作用。肝臓の強化(菌などに対して抵抗力を強化する)。などの働きがあります。近年、新型インフルエンザの対抗薬としての注目度が非常に高くなっています。また、お酒のお供にも絶大な効果があります。

アンチャン

アントシアニンが非常に豊富なハーブです。このハーブは花びらを用いますので、非常に貴重なメディカルハーブとなります。しかしながらブルーベリーなどのアントシアニンと違い、酸化していない安定したアントシアニンであるため非常に効果が高いと言われています。

ランチュー

ランチューというメディカルハーブは、タイ伝統医学において、強力な解毒剤として用いられてきました。そして、その効果が西洋医学のもと、証明されています。これ以上の強力な解毒メディカルハーブは存在しないと言われています。現代の食生活において蓄積された老廃物を排出するのに非常に適したメディカルハーブと言えるでしょう!

PMS<月経前症候群>におすすめのミラクルホワイト

PMS<月経前症候群>におすすめのミラクルホワイト辛いPMS、月経前症候群への対策にひとつとして、メディカルハーブで解決するという方法があります。
現在、メディカルハーブというとヨーロッパ産の、香り系のメディカルハーブを思い浮かべますが、ここでいうメディカルハーブとは、いわゆる薬草ハーブです。これらのメディカルハーブはタイ王国などの東南アジア原産のハーブとなります。

メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラム

メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムそして、ここで、おすすめしたいのが、メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムというところです。
メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムは、タイ王国の北部の国境付近の広大な敷地内で、ほとんど自然のままの原種メディカルハーブを原料として作られた、メディカルハーブサプリメントのブランドです。
メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムはタイ王国の企業のTOP30社に入る、優良企業(ミラクルハーブスピリッツ社)により開発・製造されており、同社はGMP、GAP、HACCPという、世界基準の工場管理で運営されています。

PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイト

PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトPMSや月経前症候群、そのほか、女性特有の病気や悩み事を解決してくれるメディカルハーブサプリメントのおすすめとして、PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトを挙げたいと思います。このPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトは、タイ王国の女性の中でとても有名で人気のあるメディカルハーブ<ワーンチャックモッルーク>が配合されています。
このワーンチャックモッルークはタイ王国では、あのプエラリアよりも有名で、しかもその愛好者も非常にたくさんいます。殆どのタイの女性はこのワーンチャックモッルークを知っているといっても過言ではありません。
しかしながら、これまで日本で紹介されることはほとんどありませんでした。一部の化粧品の成分として研究されていたに過ぎなかったのです。
さて、このワーンチャックモッルーク、タイ語で「子宮を引き締める球根」という意味です。つまり、名前からして、女性に良い感じがしますよね。
そのワーンチャックモッルークをふんだんに配合した、マイハーブプログラムのPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトは、PMS、月経前症候群をはじめ、産後などにおける膣、子宮の引き締め、美白、そのほか体臭、口臭、おりもの臭の軽減、生理周期の安定などを目的として配合されています。
是非一度、このPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトをお試し下さい!

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)
ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

contents_border_ft.png