メディカルハーブのWEBサイト

メディカルハーブのWEBサイト

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

メディカルハーブの記事003

メディカルハーブの歴史

ハーブ、それは人間の歴史に深く関与しています。

皆さんが今病院などで処方される薬が、初めて発見、製造されたのはいつか御存知ですか?それは、つい19世紀前半、1830年にはじめて西洋で「セイヨウシロヤナギ」という植物から「サリシン」という成分が発見され、それが抽出・合成という研究を重ね、ようやく1899年に始めての薬といわれる「アスピリン」が発明されました。そこから現代までの西洋医学(薬の医学)がスタートしたのです。

ではそれまでの人類は、どうやって熱が出たとき、風邪を引いたとき、病気になったとき、それを癒してきたのでしょう。それはまさしく植物に頼る歴史だったといっても過言ではありません。皆さんもおばーちゃんから、おなかが痛いときに、アロエをすって飲まされた経験はありませんか?また風邪のとき、しょうが湯を飲んだ経験はありませんか?

人類は遠い古代から、植物の力を借りてさまざまな病気、障害と対峙してきました。 その歴史について少しお話をしたいと思います。
下の年表にもあるとおり、文献として残っているのは、古代エジプト(紀元前1700年ごろ)に既に700種類のハーブの栽培記録が残っています。また文献は定かではありませんが、インドのアーユルヴェーダでは、紀元3000年ごろから植物療法が行われてきたといわれています。その後、古代ギリシャの医学の父「ヒポクラテス」が始めて医学の分野で400種類のハーブを処方したとされ、その後の弟子たちによって中世にいたるまで、植物の研究やハーブを使ったさまざまな処方がなされてきたのです。

しかし中世ヨーロッパは、ハーブの世界では「暗黒時代」と呼ばれ、宗教上の理由からハーブ療法は、魔女裁判などに代表されるような迫害を受け、修道院で、かつてギリシャ時代の「マテリカ・メディカ」と呼ばれる栽培方法などの文献の写本などで細々と受け継がれていました。
かたや、東洋でもインドのアーユルヴェーダ、中国の中医学に代表される漢方、日本独自の漢方、そして中近東ではアラビア医学(ユナニ医学)のイブン・シーナの記した、「医学典範」という医学書が、近代まで医学の最高書として受け継がれ、そしてその間の十字軍の遠征により、東西のハーブが出会い欧米の世界でも東洋のハーブやスパイスを求め、大航海時代へと変遷していきます。
そのころ中世では、ハーバーリストと呼ばれる専門家たちが次々と活躍し、現在のようなハーブの体系化が行われるようになりました。その反面、ペストの流行や、ウィルス性の病気などの蔓延により、西洋医学においては抗生物質の発見など、薬を中心とした近代薬学の世界へとうつっていきます。20世紀は薬学の全盛期といってもいいでしょう。

しかし、20世紀後半からのウィルス性の病気の駆逐が始まり、ついには薬で治る病気がどんどん世の中から減ってきて、21世紀を迎えます。そして現代ではみなさんもご存知の通り、薬では一概に治せない病気、「生活習慣病」や、「ストレス性疾患」といった、食生活や社会生活の変化に大きく左右される疾患が増えてきて、病気にならない体作りが見直されるようになりました。

この数年、昔ながらの伝統医療・伝統療法である自然療法が見直されるようになり、現在では西洋医学と代替療法の融合、つまり統合医療の時代になってきたわけです。

このようにハーブなどの植物療法の歴史はまさしく人類の歴史とよんでも良いほど、深く長い歴史によって裏づけられた療法なのです。

メディカルハーブといえば・・・。

メディカルハーブといえばメディカルハーブといえば、なんだか香りを楽しむ系の、ヨーロッパ産のハーブを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
メディカルハーブは確かに効果効能がある程度証明されているものもあるようで、さらに、「癒し」の効果があるものも多いようです。
しかし、このサイトで主に取り上げているのは、ヨーロッパ系のメディカルハーブではなく、タイを中心とした、東南アジア由来のメディカルハーブ、つまり、薬草です。
最近では、「ウコン」があまりにも有名で、メディカルハーブ+アジア=ウコンみたいなのがありますが、実は、実は、こういったメディカルハーブはかなり古くから日本に入ってきています。

中国経由で入ってきたメディカルハーブ、沖縄や屋久島などを経由して入ってきたメディカルハーブ等様々で、まぁ、大体が大陸経由のメディカルハーブは「薬草」と言われることが多いですよね。朝鮮人参なんかは良い例です。

実はそれらのメディカルハーブですが、おおよそ、暑い国の方がどうやら薬効成分が多いようであります。

一般的なお話ですが、メディカルハーブが極めて過酷な気象条件下で、自分自身を守るためにいわゆる「抗酸化物質」を生産して、蓄えているというわけです。
特に、タイの高地では、日中は30度以上で夜になると急激に温度が下がるという非常に過酷な気象条件です。ですので、やはり、非常に品質の良いメディカルハーブが育つと言われています。

これらのメディカルハーブを中心にラインアップされているのが、ここで御紹介しているマイハーブプログラムのメディカルハーブなのです。

特におすすめしたいメディカルハーブ

日本で詳細されていないメディカルハーブを含めて、特におすすめしたいメディカルハーブサプリメントをご紹介します。

ワーンチャックモッルーク

ワーンチャックモッルークは、日本では薬ウコンと呼ばれることもありますが、それらの原種となるメディカルハーブです。タイ語で、「子宮を引き締める球根」という意味のとおり、タイ王国の女性の90%以上が知っているという超有名、メディカルハーブです。というのも、化粧品等にも含まれており、また、10代から女性のためのメディカルハーブとして一般的に食されています。タイの女性のキレイになるための必需品といったところでしょうか!

プエラリア(白ガウクルア)

あまりにも女性にとって有名すぎて、勝手に効能がひとり歩きしているメディカルハーブです。プエラリアにフィトエストロゲンという女性ホルモンに類似する成分が含まれていることがその発端ですが、日本だけでなく、世界中で非常に粗悪なプエラリアが出回ってしまっています。マイハーブプログラムのプエラリアはタイ王国から栽培、所持、研究、販売など全ての許可を得ている「正規プエラリア」ですので、安心して食べていただけます。

キーレック

タイ王国では料理にも出てくるポピュラーな植物(木)です。とても苦く、食べるためには3回煮汁を入れ替えなければ食べられません。しかしながら、メディカルハーブとしては非常に強力で特徴的な効能が期待できます。いわゆる「安定剤」のような、高ぶった神経を落ち着かせる働きがあります。当然、夜などに食すと睡眠導入剤の代役としても考えることができます。

ファータライチョン

ファータライジョンとも表記されていることがありますが、とても多目的なメディカルハーブです。解熱作用。抗菌作用。肝臓の強化(菌などに対して抵抗力を強化する)。などの働きがあります。近年、新型インフルエンザの対抗薬としての注目度が非常に高くなっています。また、お酒のお供にも絶大な効果があります。

アンチャン

アントシアニンが非常に豊富なハーブです。このハーブは花びらを用いますので、非常に貴重なメディカルハーブとなります。しかしながらブルーベリーなどのアントシアニンと違い、酸化していない安定したアントシアニンであるため非常に効果が高いと言われています。

ランチュー

ランチューというメディカルハーブは、タイ伝統医学において、強力な解毒剤として用いられてきました。そして、その効果が西洋医学のもと、証明されています。これ以上の強力な解毒メディカルハーブは存在しないと言われています。現代の食生活において蓄積された老廃物を排出するのに非常に適したメディカルハーブと言えるでしょう!

PMS<月経前症候群>におすすめのミラクルホワイト

PMS<月経前症候群>におすすめのミラクルホワイト辛いPMS、月経前症候群への対策にひとつとして、メディカルハーブで解決するという方法があります。
現在、メディカルハーブというとヨーロッパ産の、香り系のメディカルハーブを思い浮かべますが、ここでいうメディカルハーブとは、いわゆる薬草ハーブです。これらのメディカルハーブはタイ王国などの東南アジア原産のハーブとなります。

メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラム

メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムそして、ここで、おすすめしたいのが、メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムというところです。
メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムは、タイ王国の北部の国境付近の広大な敷地内で、ほとんど自然のままの原種メディカルハーブを原料として作られた、メディカルハーブサプリメントのブランドです。
メディカルハーブサプリメントのマイハーブプログラムはタイ王国の企業のTOP30社に入る、優良企業(ミラクルハーブスピリッツ社)により開発・製造されており、同社はGMP、GAP、HACCPという、世界基準の工場管理で運営されています。

PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイト

PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトPMSや月経前症候群、そのほか、女性特有の病気や悩み事を解決してくれるメディカルハーブサプリメントのおすすめとして、PMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトを挙げたいと思います。このPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトは、タイ王国の女性の中でとても有名で人気のあるメディカルハーブ<ワーンチャックモッルーク>が配合されています。
このワーンチャックモッルークはタイ王国では、あのプエラリアよりも有名で、しかもその愛好者も非常にたくさんいます。殆どのタイの女性はこのワーンチャックモッルークを知っているといっても過言ではありません。
しかしながら、これまで日本で紹介されることはほとんどありませんでした。一部の化粧品の成分として研究されていたに過ぎなかったのです。
さて、このワーンチャックモッルーク、タイ語で「子宮を引き締める球根」という意味です。つまり、名前からして、女性に良い感じがしますよね。
そのワーンチャックモッルークをふんだんに配合した、マイハーブプログラムのPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトは、PMS、月経前症候群をはじめ、産後などにおける膣、子宮の引き締め、美白、そのほか体臭、口臭、おりもの臭の軽減、生理周期の安定などを目的として配合されています。
是非一度、このPMS<月経前症候群>対策サプリメント:ミラクルホワイトをお試し下さい!

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)
ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

contents_border_ft.png